Cardiovascular

循環器内科

循環器内科について

当院では内科一般と心臓病や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を中心に診療を行っています。特に生活習慣病の診療では循環器専門医の特性を生かし、単に数値だけをコントロールするのではなく、様々な検査法を駆使してその背後に潜む心臓病、脳血管障害、腎臓病の発見、治療に努め、患者さま個人ごとのテーラーメイド医療、さらに健康寿命をのばす医療の提供を心掛けています。

循環器内科で診る主な疾患

  • 生活習慣病

    高血圧症、脂質異常症、糖尿病を総じて生活習慣病と呼びます。症状はありませんが放っておくと心筋梗塞や脳梗塞や腎不全のほか様々な病気を発症することがあります。
  • 狭心症

    動脈硬化が原因で心臓の血管(冠動脈)が狭くなり、心臓への血液供給が不足することで発症します。胸がしめつけられるような痛みがあり、多くの場合、労作時に起こります。
  • 心筋梗塞

    心臓の血管が詰まって心臓への血液供給がなくなると発症します。症状は狭心症に類似しますが、持続時間が30分以上続きます。心不全や突然死の原因となります。
  • 不整脈

    心臓の脈拍に異常がある状態を言い、動悸や脈が飛ぶといった症状があります。いろいろな種類があり、放っておいていいものから治療の必要なものまであります。突然死の原因にもなります。
  • 心臓弁膜症

    4つに分かれた心臓の部屋を区切る弁膜に異常をきたし、弁が開きにくくなったり、しまりが悪くなったりします。進行すると心臓の機能が低下していきます。
  • 心不全

    心不全とは前述した様な疾患が原因で心臓の機能に異常が生じて、息切れやむくみなどの症状が現れる状態です。
  • 閉塞性動脈硬化症

    足の血管が動脈硬化により狭窄したり、閉塞したりすることで血流が悪くなり、しびれや痛みなどの症状が出現します。進行するとあしが壊死したりすることもあります。
  • 動脈瘤

    主に動脈硬化が原因で動脈の一部にこぶ状のふくらみができます。多くの症例で無症状ですが、血圧が高かったりすると将来的に破裂して命に関わる恐れがあります。
  • 睡眠時無呼吸症候群

    夜中に呼吸が止まり、高血圧、脳卒中、心不全等を発症することがあります。いびきが大きい、昼間の眠気が強いなどの症状があります。

循環器内科の主な検査

  • 心電図

    手足や胸部に電極を付けて、心臓の電気信号を波形として記録します。 不整脈、狭心症、心筋梗塞、心臓肥大などの診断に役立ちます。
  • 胸部X線撮影

    心臓、肺、血管の異常の発見に役立ちます。
  • 心臓超音波検査

    リアルタイムに心臓の状態を観察できます。心臓肥大、心臓弁膜症、心筋梗塞、心不全などの診断に役立ちます。
  • 24時間ホルター心電図

    24時間の心電図が記録できる携帯型心電図です。普通の心電図だけではわからなかった不整脈、狭心症の診断に役立ちます。入浴も可能です。
  • CAVI/ABI(動脈硬化検査)

    血管の硬さ(CAVI)や動脈の詰まり(ABI)などがわかり、血管年齢を評価できます。